本文へジャンプ

中国広東省における白板紙工場竣工式について

 当社の連結子会社である中国広東省の江門星輝造紙有限公司(当社、三菱商事株式会社、香港合昌紙行有限公司が設立した合弁会社の100%子会社)は、平成26年11月11日に白板紙工場の竣工式を行いました。
 竣工式には、江門市や双水鎮政府、製紙機械メーカー・原材料メーカーの皆様など約650人がご参列され、岸本社長から、「北越紀州製紙グループが目指すグローバリゼーションの主要成長戦略の一つとして、安定した労使関係を基盤とした事業経営を通じて、高品質な紙を適正価格で多くのお客様に提供し、地域経済の発展に貢献したい。」と抱負を表明させていただきました。
 当社は、平成23年5月、広東省江門市に年産30万tの白板紙工場建設を決定し、同年10月に同社を設立、平成24年12月に工事着工、その後当社グループから支援メンバー約40名を派遣し、試運転及び品質確認を行ってまいりました。
 今後、年産30万tの白板紙工場が本格稼働することで、当社グループは、日本最大の塗工白板紙メーカーとなり、アジア市場における新たな収益基盤を確立いたします。また同時に、当社のグループの次世代成長エンジンの一翼を担う主要事業として、長期経営ビジョン「Vision2020」及び中期経営計画「C-next」における成長戦略をより確実なものにすることになります。
 当社グループは、将来的なアジア市場の動向を見極めた上で、生産設備の増設計画を検討していく予定であり、これらによりグローバル市場における競争力をさらに強化し、これからもより多くのお客様から信頼される企業グループづくりを目指して取り組んでまいります。

江門星輝造紙有限公司の概要

社  名 江門星輝造紙有限公司
(Jiangmen Xinghui Paper Mill Co.,Ltd.)
董 事 長 岸 本 晢 夫
所 在 地 中国広東省江門市新会区双水鎮銀州湖紙業基地A区
設  立 平成23年10月
敷地面積 約24万m²
生産品目 白板紙(主にコート白ボール)
生産能力 年産30万t
生産員数 約320名

白板紙工場外観
白板紙工場外観

白板紙抄紙機
白板紙抄紙機

岸本社長による歓迎ご挨拶
岸本社長による歓迎ご挨拶

このページの先頭へ

冊子PDFダウンロード 北越紀州製紙コーポレートレポート CSR図書館.net

環境通信誌KINKON