本文へジャンプ

オフセット・クレジット(J-VER)制度*1による
CO2吸収量クレジット取得について

 弊社は岩手県、新潟県及び石川県内に所有する社有林において森林経営活動(間伐促進型)のJ-VERプロジェクトを実施してきましたが、本制度の終期である2013年3月末までの期間において合計2,361t-CO2*2の吸収量クレジット認証を取得しました。
 今後は取得したクレジットの活用方法を検討するとともに、引き続き社有林の整備を推進して地域環境の向上に貢献できる森林つくりを目指します。
 加えて2013年4月より「国内クレジット制度」と「オフセット・クレジット(J-VER)制度」が発展的に統合して新たにスタートした「J-クレジット制度」への移行参加も進めてまいります。

プロジェクト対象地 クレジット期間 クレジット量(t-CO2)
(1)岩手県内社有林 2011年1月〜2013年3月 1,634
(2)新潟・石川県内社有林 2011年4月〜2013年3月 727
  合計 2,361*2
  • *1 オフセット・クレジット(J-VER)制度
    Japan Verified Emission Reductionの略。日本国内で自主的に実施された省エネルギー設備の導入や森林経営により実現したCO2等の温室効果ガス排出削減量や吸収量をクレジットとして国が認証する制度で2008年11月に環境省により制度化されました。
  • *2 バッファー管理口座移行分(吸収量の約3%)を除いた量です。

このページの先頭へ

冊子PDFダウンロード 北越紀州製紙コーポレートレポート CSR図書館.net

環境通信誌KINKON