本文へジャンプ

「すっぴん紙」展示のお知らせ

 東京藝術大学美術館陳列館において「SENSE of Wonder −ありふれたマテリアルのもうひとつの様相−」が次のとおり開催されます。
 当社はこの展示会に協賛するとともに、抄紙工程で出来る限り薬品を使わず製造した「すっぴん紙」を展示しております。
 是非ともご来場いただきますようご案内申し上げます。

日時 2013年12月6日(金)〜12月18日(水)
場所 東京藝術大学大学美術館陳列館(上野キャンパス)
東京都台東区上野公園12-8

【すっぴん紙】

 紙には、表面をなめらかにしたり、強度を上げたり、にじみを防いだり、水に強くしたり、生産効率を向上させたり…そうした用途に合わせて薬品が使われています。もし、そうした薬品を使わずに紙を作ってみたら、どんな紙が生まれるだろうか? そんな自然に近い「生(き)」のままの紙が、「すっぴん紙」です。

このページの先頭へ

冊子PDFダウンロード 北越紀州製紙コーポレートレポート CSR図書館.net

環境通信誌KINKON