本文へジャンプ

オフセット・クレジット(J-VER)制度での社有林間伐促進によるCO2吸収量増大プロジェクトの登録について

当社「岩手県内社有林の間伐促進プロジェクト」が4月27日付けでJ-VER制度認証委員会よりその妥当性を認められ登録されました。
J-VER(Verified Emission Reduction)制度とは日本国内で実施された活動(プロジェクト)によって実現した温暖化ガスの排出削減・吸収量をカーボン・オフセットに用いるクレジットとして環境省が設置する認証委員会が認証する制度です。
当社は従来よりCO2削減には積極的に取り組んできており、対1990年比CO2排出量は原単位ベースで55%にまで低減しています。この度のJ-VER登録プロジェクトもその一環として取り組んできたもので、J-VER対象活動の内、森林経営活動によるCO2吸収量増大(間伐促進プロジェクト)を目指し、以下概要の通り、岩手県内に所有する5箇所の社有林のカラマツ、アカマツ、スギ等の間伐促進によりCO2の吸収量増大を実現させようとするものです。

プロジェクト概要
プロジェクト名 「北越紀州製紙岩手県内社有林間伐促進プロジェクト」
実施期間 2010年(平成22年)11月1日〜2013年(平成24年)3月31日
実施場所 岩手県盛岡市、岩手郡葛巻町、岩手郡岩手町所在の当社所有山林
実施対象面積 231ha(2,310,000m²)
CO2想定吸収量 1,861t-CO2(実施期間の合計量)
  • ※CO2の吸収量はあくまでも計画時の想定量であり、間伐作業完了後に実施するモニタリング結果により吸収量が変わることがあります。
  • ※今後、当該プロジェクトの実施によって得られるCO2の吸収量増大で創出されるオフセット・クレジット(J-VER)の発行量・売却量等の情報については当社ホームページやCSRレポートにて公表いたします。

当社は、この岩手県内社有林も含め、全国に約12,500haの山林を所有しており、従来から持続可能な森林経営を基本方針とした間伐等の森林整備事業を行っておりましたが、今後も継続的に森林整備を推進していくとともに他社有林でのJ-VER認証も進めていくことでCO2吸収量の増大に積極的に取り組んでまいります。

このページの先頭へ

冊子PDFダウンロード 北越紀州製紙コーポレートレポート CSR図書館.net

環境通信誌KINKON