本文へジャンプ

コンプライアンス体制

推進体制

法令遵守を組織的に担保するため「北越紀州製紙グループコンプライアンス規程」に基づき、社長直轄の組織としてチーフ・コンプライアンス・オフィサーを設置し、コンプライアンス・オフィサー会議の中でコンプライアンス方針、制度、諸施策の立案・検討を行うとともに、部門コンプライアンス・オフィサーを通じて全社レベルでの実施、徹底を図っております。また、当社は、当社及び当社子会社の全ての使用人が、コンプライアンス上疑義ある事項について、相談する社内・社外窓口として「コンプライアンス・ホットライン」を設置し、かつ、通報者が通報、連絡、相談したことを理由として、通報者に対し解雇その他いかなる不利益な取り扱いも行わないことを定めております。
また、「倫理綱領」に反社会的勢力等と断固として対決し、一切の関係を遮断することを定め、当社及び当社子会社の全ての役員及び使用人に周知徹底を図るとともに、グループ統制管理室を担当部署として、外部専門機関と連携し情報の収集、交換、管理を行うなど、組織的な対応体制を整備しております。

推進体制図

全役職員のコンプライアンス意識徹底を目指して

 北越紀州製紙グループでは、役職員一人一人がコンプライアンスを実行していく上で拠り所とする基本行動規範を明示し、その考え方に基づき、法令や社内規則、企業倫理を遵守することができるよう、「北越紀州製紙グループ コンプライアンス・ハンドブック」を作成し、当社グループ全役職員へ配布しております。
 また、このハンドブックに基づき、各部、各事業場、各関係会社においてコンプライアンス研修を集中的に実施し、部門毎に固有な注意点をより掘り下げた各部、各工場単位のコンプライアンス・マニュアルを作成しております。
 加えて、ハンドブックや各部、各工場単位のコンプライアンス・マニュアルの周知徹底と浸透を図るため、行動規範、倫理綱領、遵守事項、ホットラインなどの重要事項を抜粋した「北越紀州製紙グループ コンプライアンス・カード」を作成し、当社グループ全役職員へ配布し、常時携帯することとしております。
 今後とも北越紀州製紙グループでは、企業理念、倫理綱領に基づき、事業活動を通じて社会的責任を全うし、もって社会に有用な企業グループ体としての持続的発展を目指すため、実効性のあるコンプライアンス施策の更なる充実・強化を図ってまいります。

北越紀州製紙グループ コンプライアンス・ハンドブック
北越紀州製紙グループ
コンプライアンス・ハンドブック

北越紀州製紙グループ コンプライアンス・カード
北越紀州製紙グループ
コンプライアンス・カード

このページの先頭へ

冊子PDFダウンロード 北越紀州製紙コーポレートレポート CSR図書館.net

環境通信誌KINKON