本文へジャンプ

沿革

明治40年4月 長岡市にて設立総会を開催、北越製紙(株)創業
(同年5月9日設立登記)
明治41年10月 長岡工場で板紙の製造を開始
大正3年7月 新潟市に北越板紙(株)を設立
大正6年2月 北越板紙(株)を合併、新潟工場と称す
大正9年12月 市川市に市川工場を建設、上質紙の製造を開始
昭和10年12月 長岡工場でファイバーの生産を開始
昭和12年5月 新潟市に北越パルプ(株)を設立
昭和19年3月 北越パルプ(株)を合併、パルプ工場と称す
昭和25年10月 三重県南牟婁郡に紀州製紙パルプ(株)を設立
昭和26年8月 紀州製紙パルプ(株)紀州工場を建設、未晒クラフトパルプの生産を開始
昭和29年11月 紀州製紙パルプ(株)紀州工場で洋紙の生産を開始
昭和30年9月 吹田市に紀州製紙パルプ(株)大阪工場を建設、洋紙の生産を開始
昭和31年7月 長岡工場に上質紙抄紙機(3号機)を新設
昭和32年3月 パルプ工場に晒クラフトパルプ製造設備完成
昭和33年2月 新潟工場、パルプ工場、新潟支社の三事業所を統合、新たに新潟工場と称す
昭和35年5月 紀州製紙パルプ(株)は紀州製紙(株)に商号変更
昭和36年10月 市川工場に塗工白板紙抄紙機(4号機)を新設
昭和39年5月 市川工場に塗工白板紙抄紙機(5号機)を新設
昭和39年6月 新潟工場は新潟地震により被災、ただちに再建工事(新鋭抄紙設備を含む)に入る
昭和41年3月 新潟工場の再建工事完成(2号機移設、3号機新設)
昭和43年8月 新潟工場に長網三層高級白板紙抄紙機(4号機)を新設、わが国初の表裏のない板紙の生産開始
昭和45年4月 新潟工場に大型上質紙抄紙機(5号機)を新設
昭和46年9月 長岡工場に繊維板「パスコ」製造設備完成
昭和46年10月 勝田工場を新設、第一期工事として液体紙容器及び紙加工設備完成
昭和50年4月 勝田工場に特殊白板紙抄紙機(1号機)を新設
昭和61年7月 新潟工場に上・中質微塗工紙抄紙機(6号機)を新設
平成2年9月 新潟工場に上・中質塗工紙抄紙機(7号機)を新設
平成10年7月 新潟工場に上質塗工紙抄紙機(8号機)を新設、ECFパルプを生産開始
平成12年4月 全社のパルプをECF法に転換
市川工場と勝田工場を組織統合し、関東工場と称す
平成14年3月 長岡工場に特殊紙抄紙機(6号機)を新設
平成16年10月 新潟県中越地震で長岡工場被災、早期復旧果たす
平成18年7月 三菱商事(株)との業務提携契約を締結
平成18年12月 日本製紙(株)との業務提携契約を締結
大王製紙(株)との技術提携契約を締結
平成19年4月 創業百周年を迎える
平成20年9月 新潟工場に上質塗工紙抄紙機(9号機)を新設
平成21年10月 紀州製紙(株)との株式交換により同社を完全子会社とする
同時に当社商号を「北越紀州製紙(株)」に変更
平成23年4月 紀州製紙(株)を吸収合併し、事業統合する
北越紀州販売(株)を設立
平成23年10月 北越紀州販売(株)に丸大紙業(株)と(株)田村洋紙店の代理店事業を統合する
中国(広東省)に江門星輝造紙有限公司を設立
平成24年2月 東洋ファイバー(株)との株式交換により同社を完全子会社とする
平成24年8月 大王製紙(株)の株式取得により、同社を持分法適用関連会社とする
平成24年9月 Financiere Bernard Dumas S.A.S.の株式取得により、同社を完全子会社とする
平成24年11月 大王製紙(株)との総合技術提携基本契約を締結
平成26年2月 三菱商事(株)との合弁会社であるMC北越エネルギーサービス(株)による天然ガス発電事業の開始
平成26年4月 長岡工場のファイバー事業を北越東洋ファイバー(株)へ集約する
平成27年1月 江門星輝造紙有限公司に白板紙製造設備を新設、営業運転開始
平成27年4月 北越パッケージ(株)は、(株)ビーエフを吸収合併し、ビーエフ&パッケージ(株)に商号変更する
平成27年10月 Alpac Forest Products Inc. 及びAlpac Pulp Sales Inc. の株式取得により、同社を完全子会社とする
平成28年7月 Alpac Forest Products Inc. 及びAlpac Pulp Sales Inc. は合併を行い、Alberta-Pacific Forest Industries Inc.を統合後の新設会社とする(現 連結子会社)

このページの先頭へ

冊子PDFダウンロード 北越紀州製紙コーポレートレポート CSR図書館.net

環境通信誌KINKON