本文へジャンプ

トップメッセージ

ごあいさつ

写真
代表取締役社長 CEO
岸本 晢夫

さらなる成長と環境経営の推進により、
社会に貢献してまいります。

 当社は1907年の創業以来100年以上にわたり、「こころを込めた紙づくり」を通じて企業の発展と社会への貢献を追求してまいりました。

 当社グループでは、平成23年4月に中期経営ビジョン「Vision 2020」を策定し、その実現に向け中期経営計画「G-1st」を実行してまいりました。
 そして、激変する環境の中で、「Vision 2020」へ向けた第2ステップとして、平成26年4月から平成29年3月までの新中期経営計画「C-next」をスタートさせました。その基本方針は、「収益基盤の強化と環境への取り組みの深化を基本に、変化に対応した新規分野の創造及び事業構成の変革を進め、製紙企業としてさらなる成長に挑戦すること」であります。
 特に環境経営においては、当社の製品トンあたりCO2排出量は、業界トップクラスの低負荷を維持しており、さらなる環境負荷の低減にむけた取り組みを進めてまいります。
 そして、これからも、「北越紀州製紙企業理念」で掲げる「法を遵守し、透明性の高い企業活動により信頼される企業」として、ステークホルダーの皆様からの信頼をもとに、持続的な成長を果たし、社会に貢献してまいります。

 皆様の変わらぬご愛顧とご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

このページの先頭へ

冊子PDFダウンロード 北越紀州製紙コーポレートレポート CSR図書館.net

環境通信誌KINKON