本文へジャンプ

トップメッセージ

ごあいさつ

写真
代表取締役社長 CEO
岸本 晢夫

新中期経営計画「V-DRIVE」の実行により、
連結売上高3,000億円を目指します。

 当社は1907年の創業以来100年以上にわたり、「こころを込めた紙づくり」を通じて企業の発展と社会への貢献を追求してまいりました。

 当社グループでは、平成23年4月に長期経営ビジョン「Vision 2020」を策定し、その実現に向け中期経営計画「G-1st」、「C-next」を実行してまいりました。
 そして、激変する環境の中で、「Vision 2020」へ向けた最終ステップとして、平成29年(2017年)4月から平成32年(2020年)3月までの新中期経営計画「V-DRIVE」をスタートさせました。海外子会社を活用した事業の積極的展開、洋紙事業のコスト競争力強化、環境経営の継続的な取り組み、グローバル連結経営体制の強化を図るとともに、新たにM&Aを含む戦略投資を着実に実行することにより、連結売上高3,000億円、営業利益150億円の達成を目指してまいります。
 そして、これからも、「北越紀州製紙企業理念」で掲げる「法を遵守し、透明性の高い企業活動により信頼される企業」として、ステークホルダーの皆様からの信頼をもとに、持続的な成長を果たし、社会に貢献してまいります。

 皆様の変わらぬご愛顧とご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

このページの先頭へ

冊子PDFダウンロード 北越紀州製紙コーポレートレポート CSR図書館.net

環境通信誌KINKON